先輩社員の声
年次に関係なく自由に意見を言い合える自由な風土で、モノづくりを陰で支える誇りを感じられる仕事だと思います

N. O
部署
工場セクション 修理第一グループ グループリーダー
入社
2008年入社 33歳

この会社を選んだ理由は?

大学では電子情報工学を学びました。就職時にはSE(システムエンジニア)とも迷ったのですが、モノづくりができる仕事がしたいと考え、金型製造の会社に入社しました。しばらくは不満なく働いていましたが、そのうち残業代が出なくなり、給与面に不安を感じるようになりました。
また金型を扱うことからケガが多く、「このまま続けられるだろうか」と将来に不安を覚えるようになり、転職を考えるようになりました。
そんな時に出会ったのが瑞菱電機。最初は「休日が多い」「家が近い」といった条件面に魅力を感じての応募でしたが、実際の仕事の内容を知るうちに、「修理」という仕事の奥深さ、そして「自分で考え、お客様に貢献できる」という点に強く惹かれ、入社を決意しました。
実際の業務風景を見学した際に、社員が真剣に働いている姿を見て、「自分もこうなりたい」と強く感じました。

今の仕事内容はどのようなものですか?

様々なお客様から返却される機器の修理です。サーボという製品を中心にいろいろなFA関連機器の修理を手掛けています。特にここ数年間は、これまで経験したことのない修理を受け持つことも多く、これまでの経験を活かして「ここに不具合があるのではないか」と仮説を立てて修理を行ないますが、それが的中したときは嬉しいものですね。また、一朝一夕には身に付かない知識だからこそ、前回よりも早く修理できたり、仮説が当たる頻度が増えたりした時には、自分の成長を感じることができます。

社風はどんなものですか?

フラットな社風だと思います。入社前は、メーカ系技術者の仕事は“師匠と弟子”のような厳しい関係性なのかなと思っていました。しかし歴代の社長が「上下関係が厳しい、息苦しい会社にしたくない」という想いで当社を育ててきたことから、年次に関係なく自由に意見を言い合える自由な風土ができています。

求職者や後輩へのメッセージをお願いします。

モノづくりも大切ですが、「この機器は自分が直した」と胸を張れる、まさにモノづくりを陰で支える誇りを感じられる仕事だと思います。

先輩社員の声